忍者ブログ
Admin / Write / Res
全国各地の青年団の仲間たちによる東日本大震災への支援活動を発信していきます。 http://nisseikyo.iku4.com/
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日青協ボランティアが先ほど、日本青年館を出発しました。
今回の訪問地は、岩手県陸前高田市。
現地視察の他、青年芸能祭の関連作業にあたっていただく予定です。

現地からの報告をみんなで待ちましょう。
ボランティアに派遣された皆さん、頑張って下さい。
PR
すでにこのブログでもお知らせした岡山のボランティア派遣ですが、写真での報告が届きました。
8月8日から12日にかけて、高校生を中心に約60名を陸前高田に派遣し、現地でがれきの撤去や写真の収集などに取り組まれたとのことです。

◆丁寧に写真を収集する
P1020234_R.jpg








◆みんなで作業をすすめていく
P1020220_R.jpg








岡山からバスで岩手まで長躯走り抜け、被災地での活動を繰り広げた岡山の高校生たちに、拍手を送りたいですね。本当にお疲れ様でした。

皆さんからの活動情報等を、日青協まで是非お寄せ下さい。よろしくお願いいたします。
政府は、被災者の方々に向けて様々な情報を発信しています。
それらを「大切なお知らせ」として、以下のページにまとめられています。内容は、被災者の皆さんにむけたものですが、支援する側にとってもよく知っておいた方がいいことが多いですから、是非ご覧になることをおすすめいたします。
データは以下のページからダウンロードできます。

http://www.kantei.go.jp/saigai/osirase/
ここ数日、更新が止まってしまいまことに申し訳ありません。

今日は助成金情報をご案内いたします。
「赤い羽根」中央共同募金会は、東日本大震災の被災地等で活動する5名以上のボランティアグループや特定非営利活動法人(NPO法人)を対象に、2011年3月11日から2013年3月31日までの活動等にかかわる費用で、他の機関、団体等から助成を受けていない費用を助成しています。
以下の通り、要項の抜粋を転記いたしますので、どうぞご参考ください。また、詳細は、リンクしている要項を熟読下さい。

◆名称:赤い羽根「災害ボランティア・NPOサポート募金」
◆助成元:中央共同募金会
◆対象者:東日本大震災の被災地等で活動するボランティアグループ(5名以上の個人)、特定非営利活動法人(NPO法人)
◆助成金の上限金額:
50万円以内<短期活動(おおむね1カ月未満)助成金>
300万円以内<中長期活動(1カ月以上)助成金>
◆応募期日:2011年8月10日(水)〜9月30日(日)必着
◆対象経費:2011年3月11日から2013年3月31日までの、東日本大震災の被災者の救援ボランティア活動等にかかわる費用で、他の機関、団体等から助成を受けていない費用を対象に助成します。
◆申込み方法:
応募要項:http://www.akaihane.or.jp/er/pdf/v_fund_oboyoko_ver2.1.pdf

詳細は、中央共同募金会企画広報部までお問い合せ下さい。
〒100‐0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル5階
Tel. 03-3581-3846(代)
Fax. 03‐3581‐5755
http://www.akaihane.or.jp/
自治体研究所から書籍が届きました。「大震災復興へのみちすじ」という本です。
著者は日青協の助言者でもある池上洋通氏など。内容は、書籍のタイトル通り今回の震災で明らかになった防災上の問題点や、今後の道筋が主です。

震災からの地域再生はまさしく私たち青年団の課題でもあります。この機会に是非購入されてはいかがでしょうか。

◆書名 「大震災 復興へのみちすじ ~防災政策の新段階と地方自治体の政策活動~」
◆著者 池上洋通・中村八郎・NPO法人多摩住民自治研究所
◆出版 自治体研究所
◆価格 1,680円

shoseki.jpg
 
先日お知らせしたとおり、以下の日程で陸前高田市にボランティアを派遣いたします。
平日になっていますが、都合のつく方は是非一緒に向かいましょう。

◆日程:9月1日(木)~2(金)
◆派遣先:岩手県陸前高田市
◆作業内容:避難所の撤収作業補助、支援物資仕分け、写真洗浄作業
◆宿泊:(財)岩手県青少年会館
住所:〒020-0196  盛岡市みたけ3-38-20
TEL:019-641-4550 地図
◆参加費:8,000円(1泊3食、交通費込み)
◆募集定員:20名(定員になり次第締め切りとさせていただきます。)

【日程表】
9月1日(木)
23:00  日本青年館出発。マイクロバスにて岩手県へ。
※途中2度ほど休憩あり。
8:30  陸前高田市到着。
9:00  作業開始
※作業内容に関しては現地スタッフの指示に従います。
15:00  作業終了。地元青年団メンバーと懇親。(予定)
16:30  宿舎へ移動。(盛岡市)
19:00  宿舎到着。

9月2日(金)
6:30  宿舎出発。陸前高田市へ。
9:00  現地到着。作業開始。
12:00  作業終了。東京へ向け出発。
※途中入浴休憩・サービスエリアで夕食
22:00  日本青年館到着。解散。

※上記日程は予定です。都合により一部変更になることもあります。 予めご了承下さい。

問い合わせは日青協(03-3475-2490)まで随時ご連絡下さい。
それではよろしくお願いいたします。

助成情報のご案内です。

東日本大震災復興支援財団が、現在、東日本大震災で被災した子どもの支援活動に対する助成の申請を受付中です。活動を検討されている団体は、是非申請されてはいかがでしょうか。締め切りは8月19日。詳細は以下の通りです。

【助成の概要】
◆助成対象
被災した子どもたちへの支援活動を行う団体等(自治体、公益法人(特定非営利活動法人、社会福祉法人、学校法人等)、コンソーシアム、ボランティアグループ、個人等)
◆対象活動
申請者が主体となって取り組む活動で、東日本大震災で被災した子どもたちのための支援活動全般。
◆助成総額
1億円
◆助成上限額
上限なし
◆対象期間
2011年10月1日から2012年3月31日までの活動費用
◆募集期間
2011年8月1日から2011年8月19日まで
◆応募方法
東日本大震災復興支援財団HPより応募要項をダウンロードの上、指定の申請書・申請書類を同封して郵送で申請。
◆助成先決定
2011年9月末日予定

※詳しくは東日本大震災復興支援財団のHPをご覧ください。
http://minnade-ganbaro.jp/aid/child_support/association.html

昨日、8月3日をもって、第2次復興支援基金の申請を締め切りました。

結果については来週早々、申請のあった各団体にお知らせいたします。


福島県団は7月29日、日青協と全国の仲間から寄せられた義援金の一部を、会津若松市へ寄付しました。

会津若松市は福島県団渡辺会長の地元で、現在原発被災者が多数避難しているばかりか原発の風評被害にも直面しています。今回渡していただいた義援金は、こうした市全体が直面している困難に、有効に活用されることでしょう。

贈呈には、渡辺会長と地元でチャリティ寄席を行っていただいている三遊亭兼好師匠とで、会津若松市長である菅家一郎氏に直接お渡ししていただいたとのことです。

なお、福島では先日お知らせしたいわきの青年の沖縄派遣が決定したとのことです。ここにも、皆さんから寄せていただいた義援金が活用されています。会津若松から、いわきから、そして福島から全国に向けて元気を発信していけるよう、応援していきましょう。

◆義援金を手渡す
2011072917300001.jpg






復興支援基金の締め切りは明日です。検討中の団体は、明日中に必ずご提出下さい。

ボランティアについてお知らせです。
日青協は現在、来月9月1日から2日の日程で、ボランティアを派遣しようと計画中しています。行き先は岩手県。トップページから登録ができますので、ひとまず登録だけでも是非お願いいたします。

なお、日程、行き先とも変更になることはあり得ますので、あらかじめご了承下さい。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[10/03 葛田]
[05/16 田中潮]
[05/16 田中 潮]
[05/14 吉田電車]
[05/11 みんなで応援!]
プロフィール
HN:
日青協
性別:
非公開
自己紹介:
 全国各地で活動をすすめる地域青年団の全国組織です。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Copyright ©   今、私ができること -日青協復興支援ブログ- All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]